基礎からしっかり学ぶ英語のリスニング教材

英語リスニング教材アルクのヒアリングマラソンは、
聞き流すだけでない、効率的にリスニング力を伸ばす教材として定評があります。

学習にあてられる時間や英語力、気分に応じて自由度の高い学習ができるのもこの講座の人気の秘密です。

「多聴」と「精聴」の組み合わせ学習
を使って、 着実にリスニング力を伸ばす事の出来る教材です。 また、ヒアリングマラソンでは、受講中毎月、TOEICテストリスニングパート形式のテスト「HEMHET(ヘムヘット)」を受けられます。

初心者向けにリスニングの練習

ただ聞き取る力がつくだけでなく、海外の文化や社会についての背景知識も深められる海外ニュースや、 話題の映画で生きた英語表現に触れられるコーナーがあり、飽きっぽい人にもおすすめです。

ただ、勉強としてのリスニングではなく、もっと幅のあるリスニング力が身につけられます。

ヒアリングマラソンでは、 TOEIC形式のテストで英語力の伸びをチェックが出来るので、自分ではあまり分かりにくい リスニング力の成長度をはかる事が出来ます。成果が目に見えないと不安だ、やる気をなくしてしまう、という人にうってつけのシステムです。

DVDリスニング教材 VS 英語教室

リスニングの基礎を学ぶには、ネイティブが実際に会話をしているのを聞き取る環境が必要になってきます。 教材は敢えて聞き取る事に重点を置いて作り込まれていて、何度でも繰り返して練習する事が出来ますが、 会話教室で先生の英語を聞き取ることでリスニング力を上げようとしたら、それなりの時間とお金がかかってしまいます。

その他のページで紹介した、テレビ、映画、アニメを見る方法で練習しているのになかなか上達しないという人は、 一度教材を使って重点的にリスニングのトレーニングをしてからテレビ、映画、アニメを聞き取る、と言う練習に切り替えた方が リスニング力の向上をはかる事ができます。

「ヒアリングマラソン」は、そのトレーニング法に沿ってきちんと練習すれば、着実にリスニング力を改善出来る教材です。

→→ 1000時間ヒアリングマラソン 英語のリスニング教材