基礎からしっかり学ぶ英語のリスニング

英会話の勉強の中で比較的に楽で、一番英語力の向上を実感し易いのがリスニングです。
空いた時間で簡単に出来るので、英語の勉強の中でも一番簡単に出来るのがリスニングです。 また、『聞く』という受け身体制で練習出来るので、英語が嫌いな人や基本的な英語力を向上させたい人はここから攻めて行きましょう。

空いた時間で英語のリスニングをする、といっても何から始めればいい??という人におすすめなのが、 まず英語の音楽を聴く事です。
自分の好きな英語の歌を、通勤や通学時間などに聴くだけです。ただし、英語の歌詞と意味も調べて、一緒に歌えるくらいに聴き込みましょう。

好きな音楽でリスニング

音楽を聴く事はあまり『英語の勉強をしてる』という気負いが無くても簡単に始められ、毎日続けられます。

まず一曲覚え、二曲覚え、一緒に歌って単語の発音も練習しましょう。毎日続ける事が鍵です。
ただ歌を聴くだけで普通の会話が理解出来るくらいに英語のリスニング力が簡単に上がる訳ではないですが、 歌を聴く事は徐々に耳を慣らしていくのにうってつけです。
リスニングの勉強を本格的に始める前のとてもいいストレッチになります。

自分の教材を見つける

音楽を聴くのに慣れて来たら、今度は実際の英文や会話文を聞き取る練習を始めましょう。
一日10分〜1時間、自分の空いた時間でいいので、毎日続けましょう。
教材は、英語に映像と字幕がついている物を利用しましょう。アニメ、ドラマ、映画の英語字幕付きDVD、 英語のニュースで字幕がでるもの、などでよいです。もし、リスニング専用に作られた教材の方が自分には合っているというならそれでもよいです。
ただし、英語だけを聞き流す、というやり方はあまりおすすめしません。 映像の情報があれば、ただ英語を聴くだけよりも内容を把握しやすいので、 映像はある方がよいです。
そして字幕は、最初はまったく追いつけなくてもいいので、必ずつけて見ましょう。
目で見る事でどんな単語が使われているのかという情報が、耳から入る音と重なって徐々に単語が聞き取れるようになっていきます。

おススメの発音の教材

ネイティブの音に合わせて発音し、自分の発音を録音して聞く事でどれ位自分の発音がネイティブに近づいているかを確認しながら練習出来る 教材もあります。「聞き流してスラスラ英会話を覚える」など都合のいいうたい文句で売っている教材より、 初心者はまず発音の基礎をじっくり学べる教材を選んで下さい。

じっくり学べる発音教材
リスニング.com
英語の発音とリスニング

英語のリスニングを習得するのに必要な時間

リスニングは聞けば聞く程向上して行きます。
『何を喋っているか分からない』という人は、圧倒的にリスニング時間が短い所為か、 発音の基本をしっかり身に付けていないので音が聞き取れていない状態にある為です。
発音の基本をマスターしたら、英語をなるべく毎日聞く環境を作りましょう。